【WordPress】投稿画面の編集ボタンを増やしてくれるAdvanced Editor Tools(旧Tiny MCE Advanced)

機能追加

こんにちは、まりこです。

今回は、【Advanced Editor Tools】の設定方法をご説明します。

※以前は【Tiny MCE Advanced】という名前でしたが、
今は【Advanced Editor Tools】に変わりました。

【Advanced Editor Tools】というのは、WordPress に機能を追加してくれるプラグインの1つで、記事の投稿画面の編集ボタン(文字の大きさ、色、背景色、表の挿入 etc…)の種類を増やしてくれます。つまり、HTML などの知識が無くても、無料ブログや Word と同じ様に、記事を書く事ができます。

それでは早速インストールしてみましょう♪

【Advanced Editor Tools】のインストール方法

まず、WordPress のダッシュボードにログインします。
そうしたら、左のメニューの【プラグイン】をクリックします。

リンク切れ

下のような画面が出てくるので、【新規追加】をクリックします。

リンク切れ

次の画面に切り替わったら、右上の検索窓に【Advanced Editor Tools
と入力します。

機能追加

画面が変わって、【今すぐインストール】をクリックします。

機能追加

【有効化】に変わったら、【有効化】をクリックします。

機能追加

画面が変わって、インストール出来ました^^

機能追加

 

【Advanced Editor Tools】の設定方法

左側のメニューの【設定】にマウスのカーソルをあてて、表示されたメニューの【Advanced Editor Tools(Tiny MCE Advanced)】をクリックします。

機能追加

エディターを選ぶ画面に切り替わります。

クラシックエディタの設定方法

まず、【旧エディター(TinyMCE)】をクリックし、【エディターメニューを有効化する】に☑が入っていることを確認します。
(私は『Classic Editor』を使用しています)

機能追加

下の方の【使用しないボタン】の中から追加したいボタンを上のツールバーにドラッグ&ドロップ(マウスをクリックしたまま移動させる)して追加します。

私が追加したのは、「下線」「横ライン」「スタイル」「画像の挿入/編集」「背景」「顔文字」です。後で変更することもできますので、使いたいボタン追加してくださいね♪

機能追加

画面を下にスクロールし、【オプション】の設定をします。

機能追加

「クラシックパラグラフ」や「クラシックブロック」の上部ツールバーにすべてのボタンを追加します。」
「リストスタイルオプション」
「フォントサイズ」
の3つにチェックを入れます。

 

次に【上級者向け設定】の設定をします。

機能追加

「クラシックブロックとクラシックエディター内のパラグラフタグを保持」を入れます。

それ以外はそのままでOKです。

設定が終わったら、下にスクロールし画面右下の【変更を保存】をクリックします。

機能追加

以上でクラシックエディタの設定は完了です。

 

まとめ

Advanced Editor Tools(Tiny MCE Advanced)】をインストールすれば、
投稿記事の文字の大きさや色を変えたり、アンダーラインを引いたりして、読みやすくて、分かりやすくなりますよ^^

素敵にカスタマイズしましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました