WordPressでブログを始める前に準備すること(WordPressインストールまで)

ネットワーク

WordPress(ワードプレス)とは、
あなた自身が管理運営する「あなた専用のブログ」です。
管理者の不本意な判断によって消されるリスクもなく、
あなたが自由に作成や更新をすることが出来るブログなのです。

その代わり、サーバーやドメイン代等、毎月の運営費用がかかります。

腰を据えて、ブログ・メルマガアフィリエイトに取り組むのなら、
WordPressを構築することをおススメします!

サーバーという土地に、ブログという建物を構築していきましょう!

まりこ
まりこ

記事を追加しました。

WordPressインストールまで、お伝えします!!

 

『WordPressブログの構築から、記事の書き方まで
図解で完全解説』したレポート(無料)
ご用意いたしました。

本レポート1つで、記事をかけるようになるまであなたを導きます‼

【レポートの内容】

1章:無料ブログじゃだめなの?なぜWordPressブログがいいのか?を解説します
2章:WordPressブログ開設の第一歩・レンタルサーバー『エックスサーバー』契約           &WordPressインストール
3章:WordPressテンプレート設置や、SSL化について解説!
4章:WordPressを便利に使うための、プラグインインストール&推奨プラグイン紹介
5章:アフィリエイトのはじめの一歩、WordPress記事投稿方法について解説

 

まりこ
まりこ

興味を持っていただきましたら、お問い合わせフォームより、
お知らせください^^

 

まず初めに、レンタルサーバーの選び方についてお伝えします。

まりこ
まりこ

サーバーのプラン、料金等、変わっているので、内容を変更しました。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、その名の通りサーバーを貸し出すサービスになります。
Wordpress などでブログを作成しようと思ったら、
Wordpress の中のデータを保管する場所というのが必要です。
レンタルサーバーを利用すれば、業者側で管理をしてくれます。
だから、Wordpress を立ち上げるには、必ずこのレンタルサーバーというのが必要になってきます。

レンタルサーバーを選ぶポイント

レンタルサーバーが必要なのは分かったけど、レンタルサーバーを借りたことない初心者さんは『一体どこを選んだら良いのか?』と悩まれると思います。

初心者さんにお勧めする選び方

  • 無料の試用期間が用意されていること。
  • サポートが手厚いこと。
  • 利用者が多いこと。

です。

2番目の、サポートが手厚いことは、トラブルが発生したり、
分からないことが出てきた時に、チャットや、電話で聞けた方が安心出来ますよね!

3番目の、利用者が多いサーバーであれば、誰かが記事にしていることが多いので、
ネット検索して、すぐに分からない事が解決出来ます。

オススメの 2 社を比較します

1.エックスサーバー

Xサーバー

エックスサーバー公式サイト

 

エックスサーバーの特徴

・アクセス(PV)重視のブログ型サイトを作るのに適している
・Webサイトの表示速度が早い
・目安10万PV以上のWebサイトを作るのに適している
・安定性や機能性重視

エックスサーバー

X10プラン

 

初期費用は、どのプランも3000円です。

まりこ
まりこ

X10プランがオススメです。

 

2.ロリポップサーバー

ロリポップ

ロリポップサーバー公式サイト

 

ロリポップサーバーの特徴

・店舗ホームページタイプのサイト・地道にブログを始めたい人向け
・不便でない範囲であればサイトの表示速度や機能性を追求しない人向け
・5万PV以内のWebサイトを作るのに適している
・価格・コストパフォーマンス重視

 

まりこ
まりこ

「私は、スタンダードプランです!」

でも、ハイスピードプランに変えたいな…と思っています!

 

ロリポップ

 
まりこ
まりこ
月額    550円
容量    320GB
転送量 600GB/日
初期費用 0円

 

エックスサーバーとロリポップサーバーを比較する

 

まりこ
まりこ

ロリポップサーバーのハイスピードプランの容量は、
エックスサーバーのX10プランの容量と同じ位です。

転送量も同じです‼
しかし、月額はロリポップサーバーの方が安いです^^

 

 

ロリポップの申し込み方法

 

ロリポップでサーバーを申し込むには、 ロリポップサーバー公式サイトから行います。

ロリポップサーバー

ロリポップの公式サイトに移動したら、画面右上にある「お申込み」を選択します。

 

ロリポップサーバー

 

まりこ
まりこ

利用したいプランの「10日間無料でお試し」を選択します。

お試し期間中は何度でも変更できます。

 

ロリポップのアカウント名やパスワード、メールアドレスを入力するところ

「ロリポップのドメイン(初期ドメイン)」に文字列を半角英数字で入力します。

ロリポップのドメインの文字列は自動で入力されていますが、変更可能です。

また「URLの末尾を変更する」を選択すると、他のロリポップドメインに変更することが
できます。

独自ドメインでサイト運用するなら、ロリポップのドメインは好きな文字列でいいでしょう。

次に、パスワード(8文字以上)やメールアドレス(受信可能な)を入力します。

利用規約とプライバシーポリシーを確認して、内容に問題がなければ
「規約に同意して本人確認へ」を選択します。

SMS認証による本人確認の画面

次に、SMS認証による本人確認をします。

電話番号を入力して「認証コードを送信する」を選択します。

認証コードを入力するところ

入力した電話番号にSMSが送られてくるので、SMSに記載している4桁の認証コードを入力して「認証する」を選択します。

名前や住所など必須項目を入力する画面

契約種別を選択して各項目を入力します。

個人なら名前・郵便番号・住所などを入力します。

任意項目の画面

任意項目では、チェックを空欄のままで大丈夫です。

契約の自動更新や有料オプションなどは、申し込みの後からでも設定・契約ができます。

お申込み内容確認へと移動するボタン

入力が完了したら「お申し込み内容確認」を選択します。

お申し込み内容確認の画面

確認画面へ移動するので、内容に問題がなければ画面下にある「無料お試し開始」を
選択します。

お申込みが完了した画面

申し込み完了の画面に移動します。

 

お試し期間が過ぎたら自動的に契約終了となる

 

ロリポップでは、サーバーに申し込んでから10日間は無料お試し期間になり、本契約と
同等の機能が利用できます。

サーバーに申し込んでからお試し期間の10日以内に本契約へと移行しないと自動的に契約終了となります(料金は発生しない)。

ロリポップを使ってサイト運用をしたい人は、10日間のお試し期間中に本契約の入力を
行いましょう。

 

お試し期間内にサーバー代を入金して本契約を行う手順

 

お試し期間内にサーバー代を入金して本契約をするには、ロリポップのユーザー専用ページから行います。

ロリポップのトップページからユーザー専用ページへ移動するところ

ユーザー専用ページにログインするには、ロリポップの公式サイトの画面右上にある
「ログイン」から「ユーザー専用ページ」を選択します。

ユーザー専用ページのログイン画面

ユーザー専用ページに移動したら「ロリポップ!のアカウント」と「パスワード」を入力して、ログインをします。

ユーザー専用ページのログイン情報が記述されたメール画面

 

 
ユーザー専用ページのログイン情報(ロリポップ!のドメイン)は、ロリポップのアカウントを登録したときに送信されるメールに、ユーザー専用ページのログイン情報が記述されています。
ユーザー専用ページのパスワードを忘れた場合には、リセットをするといいでしょう。

 

ユーザー専用ページから「サーバー契約・お支払い」を選択するところ

ユーザー専用ページにログインできたら、画面左にあるメニュー「契約・お支払い」内にある「サーバー契約・お支払い」を選択します。

ユーザー専用ページからお支払いを選択するところ

「ご契約内容一覧」にある「お支払い」を選択します。

お支払いを選択するところ

契約するプランや契約期間、お支払い方法などを選択します。

ロリポップでの支払い方法は以下になります。

  • クレジット決済
  • コンビニ決済
  • おさいぽ!決済
  • 銀行振込
  • ゆうちょ振替

「クレジット決済」で対応している国際ブランドはVISA、Master、JCB、Diners、AmericanExpressです。

「コンビニ決済」で対応しているコンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、
セイコーマートです。

「おさいぽ!決済」で対応している決済方法はクレジット決済、銀行振込、ゆうちょ振替、PayPal決済、コンビニ決済、WebMoney決済、auかんたん決済、ドコモ払いです。

プランや契約期間、支払い方法などの選択が終わったら、画面下にある「契約を確定する」を
選択します。

支払先の情報が表示される(決済方法によって表示画面が異なる)ので、料金を振り込みます。

ロリポップから入金の確認ができたメール画面

料金の振り込みが完了すると、ロリポップから登録したメールアドレス宛に入金の確認ができたというメールが届きます。

本契約の作業は以上となります。

 

 

ドメインとは?ドメインを選ぶ時のポイント

WordPress でブログを作るには独自ドメインを取得する必要があります。
ドメインは一度取得すると変更できません。
初めて独自ドメインを取得する初心者さんは、どのように選んだらよいかわからないと思います。
そんな初心者さんのために、ドメインを選ぶ時のポイントをお伝えします。

ドメインとは?

ドメインとは、一言で説明するとインターネット上の住所のようなものです。
まりこ のブログの URL https://marikomessage.com でいうと、
『marikomessage.com』の部分がドメインです。
ドメインは自分で好きなものを決めることができ、これを独自ドメインといいます。

ドメインの種類

まずドメインの種類について説明しますね。
ドメインの中でも「.」で区切られた最も右側の部分をトップレベルドメイン、右から 2 番目の部分をセカンドレベルドメインといいます。
トップレベルドメインは、例えば「.com」「.net」「.info」などがあります。

これだけあると初心者さんは「どれを選べばいいの?」と混乱するかもしれませんが、ドメインは
「.com」「.net」が定番です。
なぜなら、「.com」「.net」が元々、商業組織用、ネットワーク用として使われていて、その後、アフィリエイトや個人のブログ用として広く使われるようになったからです。
ですから、ドメインを選ぶ時は定番のものから選ぶようにするのがおすすめです。

セカンドレベルドメインの決め方

次に、セカンドレベルドメインの決め方をお話ししますね。
URL https://marikomessage.com では 、
『marikomessage』の部分がセカンドレベルドメインです。
セカンドレベルドメインは好きなものをつけられます。
決める時のポイントは、あなたの名前やブログ名を使うことです。
あなたの名前やブログ名を使うと、読者さんに覚えてもらいやすいです。

日本語のドメイン名は避ける

セカンドレベルドメインを日本語にすると、シェアした時に不規則な英数字の文字列になってしまいます。
例えば https://まりこ.com の場合、
https://xn--f9jr1etbr8086d.com
のような感じになります。
どうでしょうか?
これでは覚えにくいですし、意味もわかりませんよね。
不信感を持たれる可能性もあるので、日本語のドメイン名にするのは避けましょう。

短めで覚えやすいドメイン名にする

短いドメイン名は覚えやすいため、直接入力して、検索してもらいやすいです。
使いたいドメインが使われている場合は?
ドメインはインターネット上の住所なので、同一のドメインは存在しません。
使いたいドメインがすでに使われている場合は以下の2つを試してみると良いです。
・トップレベルドメインを変えてみる
・セカンドレベルドメインの文字列を少し変更する

あなたのブログにぴったりのドメイン名を決めてくださいね。

オススメの独自ドメイン取得サービス

独自ドメインを取得できるサービスはいろいろあるので、いざ決めようと思うと初心者さんは迷ってしまうと思います。
同じドメインの種類でも、会社によって料金は異なります。

私が一番おすすめなのはムームードメインです。
ムームードメインはロリポップ!レンタルサーバーと同じ会社が運営しています。

 

サイトもわかりやすく、初めてドメインを取得する初心者さんでも安心して申し込みが
できます。

⇒ムームードメイン公式サイト

 

ドメインの取得(ムームードメイン)

次は、ドメインの取得です。

上で説明した通り、ロリポップとムームードメインはリンクしており、ムームードメインで
ドメインを取得すれば、面倒なドメイン設定を省くことができます。

ここでは、ムームードメインでドメインを取得する流れを説明します。

まずは、ムームードメインの公式サイトへアクセス。

取得したいドメインを検索窓に入力して「検索する」をクリックしましょう。

ドメイン

 

ドメインの候補が一覧で表示されるので、その中から自分が欲しいものを見つけ、
「カートに追加」ボタンを押します。

ドメイン

 

下の画面が出てくるので、「お申し込みへ」をクリック。

ドメイン

 

すると、ログイン画面が出てきます。

すでにアカウントを持っている場合は、IDとパスワードを入力してログインします。
アカウントがない場合は、「新規登録する」からアカウントを作成します。

今回は、新規登録に進みます。

 

新規ユーザー登録画面が表示されるので、ムームーID(メールアドレス)とパスワードを
入力して、「利用規約に同意して本人確認へ」をクリック。

 

SMS認証で本人確認が求められるので、SMSもしくは音声確認で本人確認を行ってください。

 

SMSの場合、認証コードを入力する画面が表示されるので、送られてきた4桁の数字を

入力します。

 

本人確認が終われば、アカウントの作成は完了です。

そして次は、下の画面でドメインの設定を行います。

ドメイン

 

「ドメイン設定」は下のように設定しましょう。

・WHOIS公開情報
弊社の情報を代理公開する

・ネームサーバー(DNS)
ムームーDNS

「連携サービス同時申し込み」の「ロリポップレンタルサーバー」は、
すでに契約している前提ですので、今回はチェックしません。

その下にある、「オプション設定」は、特に必須ではありません。
使用したい場合は、チェックを入れましょう。

ドメイン

 

最後に、お支払い情報を入力。

ドメイン

 

入力できたら、一番下の「次のステップへ」をクリックして先に進みます。

ドメイン

 

続いて、ユーザー情報の入力画面です。
必須項目を全て埋めて、「次のステップへ」をクリックします。

入力内容の確認画面が出てきますので、問題なければ、「下記の利用規約に同意します。」に
チェックを入れ、「取得する」をクリックしましょう。

下の画面が出てきたら、ドメインの取得は完了です。

 

独自ドメインの設定

ムームードメインで取得したドメインを、ロリポップのレンタルサーバーに設定します。

まずは、 ロリポップサーバー公式サイトにログイン。

ドメイン

ユーザー専用ページは、ロリポップのトップページ上にある「ログイン」から
アクセスできます。

ログインしたあと、サーバーの管理・設定 – 独自ドメイン設定へ進みます。

表示される「独自ドメイン設定」画面のステップ2に、ムームードメインで取得した
独自ドメインと、WordPressを設置するフォルダの名前(好きなフォルダ名)を入力します。

入力できたら、「独自ドメインをチェックする」ボタンを押してください。

独自ドメインのチェックが終わると、下のような「ネームサーバー認証」というメニューが
出てきます。
そこに、先ほど登録したムームードメインのIDとパスワードを入力し、「ネームサーバー認証」をクリックします。

ログイン情報が間違っていなければ、「設定」というボタンが表示されるので、
クリックしましょう。

これで独自ドメインの設定は完了です。

WordPressのインストール

次はいよいよWordPressのインストールです。

ロリポップのユーザー専用ページから、サイト作成ツール – WordPress簡単インストールを
クリックします。

すると、WordPressの簡単インストール画面が表示されます。

ここでは、サイト名やユーザーなど、WordPressを始めるために必要な内容を設定します。

・サイトURL
ムームードメインで取得したドメイン

・サイトのタイトル
作成するサイトの名前

・ユーザー名
WordPressにログインするときに使うユーザーの名前

・パスワード
WordPressにログインするときに使うユーザーのパスワード

・メールアドレス
WordPressユーザーのメールアドレス

・プライバシー
検索エンジンに登録するか否か

一通り入力できたら、一番下の「入力内容確認」ボタンを押します。

設定した内容を確認する画面が出てくるため、問題なければ、「インストール」ボタンを
クリックしてください。

「正常にインストールが完了いたしました。」という画面が出てきたら、
WordPressのインストールは完了です。

上の画面に書かれている、「管理者ページURL」からWordPressにアクセスできるか
確認しましょう。

ログインできればOKです。

SSLの設定

WordPressをインストールしたあと、設定しておくべきことが1つあります。
それが、SSLの設定です。

SSLは、ユーザーとサーバー間の通信を暗号化する仕組みで、これを設定することでより安全にサーバーを運営することができます。

ロリポップでは、無料で独自SSLを設定できるサービスが提供されているので、その設定方法をご説明します。

まず最初に、ユーザー専用ページの、セキュリティ – 独自SSL証明書導入をクリック。

表示される画面の「独自SSL(無料)」に、先ほど設定したドメインが表示されているため、
チェックを入れて、「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

すると、下の画像のように、「SSL設定作業中」という文字が出てきます。

5分ほど待ち、画面を再読み込みして、「SSL保護有効」に変わっていれば、
ロリポップ側の設定は完了です。

次に、WordPress側の設定を一部変更します。

WordPressの管理画面にログインし、設定 → 一般をクリックしてください。

一般設定の「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を
「http」から「https」に変更し、「変更を保存」をクリックしましょう。

これでSSL化は完了です。

 

 

まとめ

エックスサーバーは、ロリポップサーバーと比べると少し高いですが、
それでも「値段の割に高性能」という良い評判なのがエックスサーバーです。
どちらも、無料お試し期間は10日です。

値段が高い分エックスサーバーの方が機能性は優れています。
しかし、ほどんどの人にとってはロリポップの方が
コストパフォーマンスは良いでしょう。

コストパフォーマンスとは、『どれだけお得と感じられるか』です。

「私は、ロリポップサーバーを使っています。」
ロリポップサーバーを選んだ理由は、簡単に言えば、
多くを望んでいないから、機能性もそこそこで良かったし、
お金がなかったので、価格で選びました。
トラブルが発生したり、分からないことが出てきた時は、
チャットサポートをお勧めします(電話サポートは混んでいることが多いので)。
チャットサポートで解決しないことは、メールサポートで、じっくり調べてくださいます。
いつもお世話になっております。


「私が一番おすすめなのはムームードメインです。」

ムームードメインはロリポップ!レンタルサーバーと同じ会社が運営しています。

レンタルサーバーの申し込みと独自ドメインの取得が、
同時に完了しますよ(^^♪

 

ロリポップはとても安く、またムームードメインと組み合わせれば、面倒な設定も省くことが
できます。
初心者の方には特にオススメのサーバーなので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました